テーマ:旅行

混雑する観光地の対応

英語の辞書には載っていないが、“Overtourism”という言葉がある。オックスフォード辞典の「2018年今年の単語」の一つに選ばれた。文字通りでは“過剰旅行”、くだけた表現なら“観光公害”で、人気の観光地で訪問客が増えすぎてその地域の住民の生活や自然環境、景観などに耐えがたいマイナスの影響を与え、観光客自身も失望するとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧れの地、こんな筈じゃ~

ヒマラヤの世界最高峰エベレストに人類が初めて入山したのが1920年代、以降登頂を試みるごとに峻厳として拒否し、一時は頂上に人間が立つことは不可能な領域とされていたが、1953年にニュージランドのエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジンが初登頂するまで30年以上まで待たねばならなかった。1953年とは昭和28年、私が中学を卒業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュピチュに国際空港建設

世界遺産の代表格、インカ遺跡のマチュピチュ近郊に、ペルー政府による国際空港建設計画が持ち上がり、世界の考古学界やユネスコから猛反対の声が上がっている。そうでなくても崩れそうな遺跡に、ユネスコが制限する2倍以上の、年間150万人の観光客が押しかけ、遺跡保存の必要性が高まっている中での話だけに反発が強い。 私も、約35年前のペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本旅行で買った土産は中国製

少し落ち着いてきたというものの、中国観光客の「爆買」がまだ続いていると言われる。一方、日本で販売されている家電から日用雑貨品・食料品に至るまで“中国製(Made in China)”の表示がある品目で満ち溢れている。日本で売られている限り、日本製と信じて旅の土産に買ったものが、帰国後中国製だったと気づく中国旅行者は多いに違いない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道地震:観光収入大幅減

最大震度7を記録した北海道地震から10日。北海道への観光業への影響が一部明らかになった。都市部の大型ホテルや大手ビジネスホテル・チェーンを除く北海道ホテル旅館生活衛生同業組合加盟の8百施設だけで、宿泊客のキャンセルは50万人、影響額は100億円に達するとの速報値が発表された。影響額には、土産店や交通機関などの減少額は含まれていない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「駐車料金1時間5000円」

青森市で行われた「青森ねぶた祭」の際、あるホテルが「駐車料金1時間5千円」という特別料金を設定した。「あまりにも“ぼったくり”ではないか」との批判が上がったが、法的には問題はないらしい。 駐車料金は、駅やイベント会場に近いなどの立地条件、時間帯などによって異なり、公定料金というものはない。ただ今回は、普段は「30分100円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中南米に多い中古航空機

キューバのハバナ空港で100人の死者を出した国営航空クバーナの機体は1979年に製造されたボーイング737でメキシコからリースされたものだった。ペルーを拠点として中南米全域を守備範囲とする駐在事務所に勤務していた私は、三年間で280回以上の搭乗実績を持っている。殆どが現地航空会社の便であった。 本社からは、搭乗する航空機は極力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小家族時代の土産物

同じ企業に同期入社した仲間で恒例行事となっている、貸切バスによる一泊旅行に参加した。会社勤めを終えた年寄りばかりの集まりだから、混雑する休日明けの月曜日と火曜日に設定されたが、年寄りは我々だけでない。集合地の観光バスターミナルや訪問先、宿泊ホテルは年寄りばかりである。今年は一般の観光地でなく、淡路島の七福神巡りという地味で個人では中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅先の史跡と近所の史跡

小学生の頃、二条城の堀で良く魚釣りをした。友人一人を見張りに立て、警備員が来ると釣った鯉を堀に投げ返して一斉に逃げたものである。自宅から歩いて10数分の場所だが、文化財満載の二条城内部を見学したのは成人になってからであった。 結婚して新居を嵯峨に構えた。休日で予定のない日は自転車で数分の大覚寺へ行き、大沢の池畔の護摩堂の床…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

列車は時刻表表示の何秒に出るか

日本の列車は、時刻表記載通りカッキリ運行されるのが常識となっており、感嘆した外国人が、腕時計を合わせるのに時報を待たなくても、列車の通過時刻に調整すれば良いと言ったと聞く。実際に、列車の運行は秒単位で決められていると聞くと、さもありなんと思う。 時刻表に、発車時間8時5分と表示されていても、8時5分0秒でも同59秒でも、どちらも8…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

良い記念写真撮影のため転落死

数ある世界遺産の中で、いつも代表に挙げられるインカ帝国の空中都市マチュピチュで、一番良いカメラアングルの位置に立とうとしたドイツの観光客が、バランスを崩して崖から転落して死亡した。実は、マチュピチュは同じ事故が相次ぐ転落死の名所でもある。 各地の観光名所はどの角度からでも絵になるが、プロが選んだ一定の撮影位置がある。上高地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国観光客に見限られた韓国

時々、英文版がある韓国の新聞のサイトを見ている。中央日報・朝鮮日報・韓国日報の三紙である。トップ・ページには良く日本に関する見出しがあり、日本の動向を気にしていることが伺える。大抵の場合、その記事は日本の不利な内容が多い。日本に対する競争心というか敵愾心が強い気持ちの表れであろう。 日本が有利な場合はニュースになり難いらしい。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

撮影マニア

昨日に引き続いて、先日の同期会のバス旅行の一コマから。バス旅行は毎年同じ旅行会社の貸切バスで、いつも希望する宿泊地だけを伝えて、一切のルートは旅行社に任せきりにしている。我々の考えも及ばなかった訪問先もあり、それだけに新鮮味や興味を掻き立ててくれることもある。その中に今回は浜松の航空自衛隊広報館見学が入っていた。 後期高齢者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界で最も危なくて怖い細道

スペインに”カミニート・デル・レイ(王者の細道)”と呼ばれる人工の道がある。切り立った断崖の岩壁に沿って、1900年代初期に作られた歩道であるが、転落して死亡する人が余りに多いため2001年に閉鎖されていた。その”王者の細道”が前面改修され、この3月28日に再開されるのを前に報道陣に公開された。 その写真がワシントンポスト電子版の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機内での罵声ならお嬢様副社長に負けません

大韓航空での”ナッツ叱責”くらいは目じゃないと言わんばかりに、今度は中国人観光客が、バンコックから南京へ向かう機内で、罵声を発しながらラーメンの熱湯を客室乗務員にぶっかけて火傷を負わせ、挙句の果てに航空機を爆破させると恐喝した事件が起きた。 当該の中国人は四人のグループだったが、機内で一緒に座れないと乗務員にクレームを付け、係員が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅館の宴会メニュー

旅の楽しみは、なんと言っても温泉と夜の豪華な食事である。気の知れた仲間同士の団体なら、その楽しさは倍加する。温泉旅館でのメニューは和食と決まったもので、宴席で自分の座っている前の小さな御膳に、乗せきれないほどのメニューが並んでいると、格別の食欲をそそられるものである。 ところが、普通は料理はそれだけではない。最初に出されたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年恒例の同期会バス旅行

元勤めていた会社に同期で入社した仲間が集まって、一年に一回貸切バスで一泊二日で回れる範囲の旅行をしている。元々は毎年恒例という訳でもなかったが、齢を経るに従って誰かがいなくなるのを懸念して、毎年開催するようになった。それから十年以上が経過している。文字通り、杜甫の詩ではないが、「明年のこの会、誰が健なるを知らんや」の心境であった。幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方の人には意味不明の土産

藤沢の親戚を訪ねた時、郷土土産として『江ノ電もなか』を貰った。化粧箱の中には、五種類の味が異なるらしい最中とその説明書が入っている。その内容が判らず、賞味する前に説明書と現物を見比べながら首を傾げさせられた。 説明書には次の通り書かれている。 この度、江ノ電最中をお買い上げ下さいましてありがとうございます。 この江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍総理の外遊費用を公表せよ

安倍総理の外遊が、歴代最多の49カ国になった。メディアは、海外出張と言わず外遊というが、公費を使う以上出張である。民間では、海外出張から帰国すれば、出張旅費精算を行い、その成果を出張報告書の形で提出する。社長の海外出張でも例外ではない。では、総理が49カ国出張した経費はいくらで、その成果はどうであったか。 総理の旅費規定の内容は聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河川名表示板が無くなった?

現役時代は頻繁に利用した新幹線だった。京都と東京を一週間に三回往復したこともある。定年後は、その新幹線利用がピタリと終息した。毎朝、ウォーキングで2km以上並行して農道を歩いて、数分置きに行き交うラッシュ時の新幹線の車両を見ているが、自分で乗らなくなってから10年になる。 ところが、藤沢に住む実弟危篤のための見舞いと、その三日後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の最悪観光都市ランキング

米国の旅行案内大手のTripAdvisor社が、5万4千人の旅行者からアンケートを取った『旅行者が多い都市の印象の好感度』を集計した結果から、”印象が悪かった都市”の内、13都市をワシントンポストが発表した(こちら)。どんな都市が入っているか。中には意外に思われる都市も入っている。その都市名を列挙すると・・・・。 モスクワ、ム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見映えが良ければ高く売れる。

十数年も昔の話であるが、長い海外駐在生活から還って来て一種のカルチャー・ショックを受けた例の一つ。デパート地階の食料品売場を覗いて、並べられているキュウリが全て真直ぐな形状をしており、しかもどの角度から見ても同じ色でピカピカ光っているのを見て気味が悪くなったことがある。キュウリと言うものは、普通は曲がっていて、色も緑だけではなく、黄も混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外ツアーパックの料金

先日、友人がイタリーへ旅行して来たと土産のワイン持参で来宅した。彼は毎年ヨーロッパに奥さんと一緒に旅行しており、毎回パックツアーであるが、今回は今までにない経験をしたと語った。ミラノのデュオモとかローマのトレビの泉の話ではない。パック料金の話である。 普通、パック(パッケージ)料金と言えば、一切合財を含む筈である。海外旅行ではパス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more