芸能界の性差別



英国ガーディアン紙電子版に、「人気TVスター追い落としから浮び上った芸能界の性差別」の記事が目についた。日本の芸能界のことである。英国人を父に持つベッキーが追放された主人公だけに英紙が取上げたのかも知れない。或いは、日本の男女差別の実態に報道価値があったと見られる。

日本の芸能界は一般に、女性タレントに対し厳しい取扱いが目立つとして、今回の騒動でベッキー一人がレギュラー番組や多くのCMから下ろされる犠牲を受けながら、相手の男性が仕事を続けているのは明らかな男女差別であると指摘している。また、芸能事務所が女性アイドル・グループとの契約書に恋愛禁止条項を規定し、違反したタレントに制裁金を支払わせたり、別の女性は男友達が出来たことが露見したため、頭を丸めてカメラの前で陳謝しているビデオを紹介している。女性が特に厳しい扱いを受けている事実を強調している。

日本の芸能界に絶対的な権力を持つ所属事務所は、現代のタレントに従来のような卓越した芸能スキルを要求しない。無能でも大衆受けする人物を重用する背景には、人気タレントが異性との交際によりファンから見放されないためであり、特に女性タレントの恋愛禁止措置は、男性ファンの支持を得るためである。

記事は女性タレントに対し同情的だが、ベッキーの場合は不倫という道徳の問題であり、以前に収録したビデオを放映した10分後に千件を超える苦情が寄せられたことから見ても、世間の支持が得られることはないとして社会的制裁が働いたものと思われる。

出典:ガーディアン2月8日付電子版(英文こちら





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック