中村紘子も逝った


またアーティストの訃報である。ジャンルは異なるが、ザ・ピーナッツやダークダックスに続き、楽壇で名を馳せた中村紘子で、私がクラシック音楽を聴き始めた頃と時期を同じくして、学生音楽コンクール小学生の部での優勝が大きく報じられたので良く覚えている。名前の前にいつも、“天才少女”が形容詞のようにつけられたピアニストで、輝くような美少女だった。

その当時、同じく美少女天才演奏家と囃された人がもう一人いた。鰐淵晴子で、こちらはバイオリニストだった。思春期の私には、演奏技量よりむしろ二人の美貌に惹かれた。美少女という観点から言えば、鰐淵晴子の方が日独ハーフという利点と、誰もがクラシック音楽入門の曲としているメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲をラジオ放送で聞かせた印象が有利に働いていたようである。

しかし、その後鰐淵晴子は急にヌード写真のモデルになったことで興味を失くし、映画界に転向したことすら知らないままになっている。

一方、中村紘子は楽壇で益々活躍し、演奏活動も盛んだったこともあり、私も3回ばかり演奏会に行ったり、テレビ・ラジオで聞く機会が多かった。しかし、折角の音楽を曲の進行に合わせて頭や身体を動かす大袈裟な身振りで補っている気がして、どちらかと言えば批判的で好きでなかった。彼女が年齢を加えるに従って、顔や身体の巾が広くなり、美少女時代に比べて幻滅を感じたこともある。そんなになってから、テレビのカレーのCMに出なくても良いのにと逆に気の毒に見ていた。

私より6才下でまだ若い。ほぼ同世代の人間として冥福を祈る。









チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
中村紘子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック