証人喚問のテレビ中継


3月23日、森友学園籠池理事長の衆参予算委員会での証人喚問がテレビで実況中継された。何故この日に証人喚問が設定されたのか。当日は、WBCワールドベースボールクラシックの決勝戦で、勝ち続けている侍ジャパンが登場すれば、全日本の眼が集中するので、政府自民党に不利な証人喚問から目を逸らせる策略ではないかとの勘繰りもあった。

まだある。NHKが、証人喚問の予算委員会は実況放映せず、選抜高校野球の放映番組を組んだ。これも国民の眼を逸らす政府の圧力があったとネット上で炎上し、前日になって急遽番組を組み替えたとの尾鰭がついている。

当日は、私の個人的事情として午前11時までグラウンドゴルフの例会があったが、帰宅して直ぐにいつもは見る事の無い証人喚問の実況中継を見た。昼の番組を見る習慣のない私でもテレビのリモコンをONする程だから、視聴率の発表はまだないが、近来にない高い数値になっている筈である。

森友学園問題のそもそもの焦点は、9億6千万円の評価額の国営地を1億3千万円という破格の価格で払い下げた背景と、そこに働いた見えない大きな力の解明にある。ところが、国民やマスコミの関心は阿倍首相夫人の関与の可否に移った感がある。勿論、働いた大きな力の一つとしての疑惑であるが、昭恵夫人の言動だけに関心が移ると本質を見失う。

小池都知事が、五輪競技場や豊洲問題で様々な動きをしているが、同知事の本来のネライは都庁に巣食う利権構造の解明とその根絶にあるのと同様、森友問題も興味本位の劇場的な展開でなく、問題の本質を見据えることが肝要である。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック