左右が見えない場所の停止線

赤地に白抜きで“止まれ”と書かれた逆三角形の交通標識の前では、一時停止することは道交法上の常識である。この標識がなくても、点滅赤信号でも同様であり、自分では左右を確かめて一旦停止した自信があったのに違反切符を切られ、ゴールドの免許証がランク落ちとなった恨みから、この標識前で一時停止する車の有無を興味を持って見ている。

私が捕まったのは、見通しの良い農道の交差点に、一眼で点滅する赤信号の交差点だった。自分では一旦停止したと主張したが、「私がルール」と言う二出川球審のような警官の前に屈した。一時停止とは何秒止まることかと聞いたが、道交法では規定がなく、車輪が止まったかどうかが判断の基準と言われた。

朝のウォーキングルートの農道の交差点にも、一時停止の赤い交通標識がある。ここに来る度に、通過する車の動きを興味を持って見ているが、“車輪が停止する”状態で止まる車は殆どないのを毎日目撃している。

自分が捕まった経験から、一時停止の標識を見ると、必ず“車輪が停止”する状態で止まることにしている。その標識の前には白い停止ラインがある。ところが多くの場合、白線は左右が見通せない場所に表示されている。一旦止まったからいいやと飛び出すと出会い頭の衝突事故が良くある。

一時停止線は、左右の安全が見通せる場所にこそ表示すべきなのに、密かにに隠れた場所に停止するよう指定されている。一旦止まって、安全が確認出来る地点でまた止まるよう指導されているが、その地点には停止線はない。

何のために手前に停止線が表示されているのか良く判らない。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック