外国人に発音し難い固有名詞

朴槿恵前韓国大統領が逮捕された。就任当時は、親日派だった朴正煕元大統領の娘ということで、対日外交の円滑化を期待する声が多かったが、日韓首脳会談を拒否するなど、逆に強硬な反日政策を続けた。

さてその朴槿恵氏であるが、日本の新聞では最初から最後まで、活字にする毎に「パク・クネ」と振り仮名を付けた。これがなければ読めないのである。私の若い頃は、父親の朴正煕大統領が現職で、ラジオもテレビも「ボク・セイキ」と訓読みで呼称していた。新聞の活字になっても振り仮名はなかった。

ところが、朴槿恵氏の訓読みは聞いたことがない。まず、訓読みでは読めない。”槿”はパソコンのIMEでは“キン・コン・むくげ”とあるから、「ボク・キンエ」とすべきだろうが、そんな言い方をテレビで聞いたことがない。もう一つ難儀なのは英文表示である。海外メディアでは朴槿恵を“Park Geun-hye”と表記している。これから英米人は「パク・クネ」と発音出来るのだろうか。

名前が読めないのはタイの人である。現役時代の代理店営業マンにファミリーネームが文字にすると25文字ある人がいた。読めないのでいつも短いファースト・ネームで呼んでいた。

私の南米駐在時代の日本本社の窓口に“上柳(Ueyanagi)”と言う男がいた。この名前はスペイン語圏の人にはまず読めない。“Ue”の綴りがないのでドイツからの移民が多い南米の人は“Uウムラウト”式に“イゥ”と発音する。“Ya”はスペイン式では“ジャ”に近く、“gi”は“ヒ”である。彼らは“イゥジャナヒ”と舌を噛みながら呼んだ。呼ばれた当人の上柳君は、他人事と思い知らぬ顔をしていた。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック