台風18号が来る日



今日18日午前11時半、台風18号が鹿児島県南九州市に上陸したとテレビが報じた時、それまで厚い雲に覆われていた我が滋賀県は、飛ぶように走る雲が切れて陽が差して来た。テレビは全番組を中止して、台風情報や南九州・四国各地の状況を中継放送しているが、青空が覗く当地との違和感が大きい。

近畿地方に最も接近するのは午後九時頃、台風の中心が通るのが真夜中と予想されている。雨の降る気配は全くない。日曜日のことでもあり、今朝はウォーキングも休んだので、かねて注文してあった眼鏡を受取りに、徒歩15分の先にあるスーパーまで歩いて出かけた。店内はいつもの休日の賑わいである。九州での強風・洪水被害は文字通り対岸の火事であった。

夕闇が迫って来た午後5時頃に、台風が高知県宿毛市に再上陸したとのニュースが出た頃から、ようやく空は再び厚い雲が矢のように走り、強い風の音が聞こえるようになったが、台風がやって来る西方にはまだ比叡・比良の山並みがクッキリと見えていて雨の気配はない。嵐の前の静けさとはこんな状況かも知れない。テレビは、九州・四国各地の河川の氾濫や市内の浸水状況を繰り返し報道している。

夏場はあまり閉めない雨戸を、夕食前に全て閉め切り、暫く使っていなかった懐中電灯を2個取り出して点灯してみたが、両方とも電池を交換しても点かない。電球がイカレテいるらしい。滅多なことはないだろうと諦める。

午後9時過ぎ、滋賀県が暴風雨圏内に入り、風が益々強くなって来た。雨は殆ど降っていない。今夜はテレビの台風情報に釘付けの夜となりそうである。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック