「私、アイドルやってます」


テレビから「私、アイドルしています」との若い女性の音声が流れて来た。日頃、アイドルとは不可思議な存在と思っていたが、これを職業のように捉えているようである。

タレントというと、何か“才能や特技がある人”が本来の意味だが、現代では何の特技がなくても“芸能人”と言われる人で、この場合は完全な職業である。しかし、調べて見たが、アイドルという単語には特段に職業を示す意味はなく、偶像とか崇拝の対象の意味の他、“実態のない虚像”の意味もあり、これが余程現実に近い。

アイドルとは英単語で“idol”であるが、紛らわしい言葉に同じ発音で“idle”がある。自動車のアイドリングなどで日本語にもなっていて、「エンジンは動いているが、車は動いていない」、つまり「仕事をしているようで、本当は生産性がない」ことで、ブラブラして遊んでいるニュアンスがある。「怠けて仕事をしない」意味もあり、特技のない“アイドル(idol)”を連想させる。こうなると、“idol”も“idle”も同じ意味となり、ことさらスペルを変える必要がないのに・・・・と思ってしまう。

英語の辞書の上では、このようにアイドルはレベルが低い印象を与える人達であるが、ウィキペディアによると実はその逆で、「一流のアイドルは手が届きそうで届かない存在」とし、「アイドルを辞めて女優に転向する」などアイドルをはっきりと職業として捉えている。

言葉には変遷がある。アイドルとは今や一般人と一線を画す高い存在である。しかし、アイドルは「昭和では高嶺の花、平成では路傍の石」と言うように、質的な変化があるようである。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック