新幹線路の歩行者

 

新幹線線路、小学生4キロ歩く…ホームから入る

20日午後4時45分頃、山陽新幹線岡山駅の下りホームから男児が線路内に立ち入ったのに駅員が気付いた。
 
 JR西日本は新幹線を上下線とも緊急停止。約1時間後、同駅から新大阪方面に約4キロ離れた線路内でJR西の社員が男児を見つけて保護した。岡山県警によると、男児にけがはないという。

 県警やJR西によると、男児は小学生。ホームから線路までは約1・5メートルの高さがあり、県警は男児が立ち入った状況を調べている。

 男児が立ち入った直後、駅員は緊急停止ボタンを押し、男児を捜したが見つからなかった。男児が新大阪方面に向かって歩いているとの情報を得て、岡山駅の最も近くにいた東京発博多行き「のぞみ37号」を最徐行させて捜索したところ、乗務員が午後5時50分頃、男児を発見したという。

 JR西は、新大阪—東広島間で約1時間半運転を見合わせた。新大阪—博多間だけで上下線43本が遅れ、約2万4500人に影響した。(読売新聞)

私がまだヨチヨチ歩きからやっと抜け出した頃、一人で歩きに出て行方不明になり、親戚が手分けして探したら、当時の大阪の自宅から2キロの淀川大橋の歩道で見付かったと聞く。今でも毎朝ウォーキングを欠かさないのは、当時から放浪癖があったに違いない。

このニュースの主人公の男児も、将来は私と同様になるかも知れない。ネットの距離測定サイトで調べてみると、岡山駅から4キロなら山陽本線在来線の次の高島駅の手前まである。途中に岡北大鉄橋があり、どのようにして渡ったのか、新幹線がやって来なくても、この大鉄橋を写す動画を見ると歩くのが恐ろしくなってくる。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック