20年後の日本は一人暮らし社会



「2040年には一人暮らしが39%、東京では48%」とのショッキングな世帯別人口推計が発表された。
国立社会保障・人口問題研究所は19日、2040年までの都道府県別世帯数の推計結果を公表した。40年には、全世帯に占めるひとり暮らし世帯の割合が全都道府県で30%を超え、東京、神奈川、京都、大阪など8都道府県では40%を上回る。全国平均は39.3%で、最も高い東京は48.1%に達する見通しだ。少子高齢化の進展に加え、都市部に若者が集中して未婚化が進んでいることが主な要因だ。

総世帯数は15年の5333万世帯から40年の5076万世帯まで減少するが、ひとり暮らし世帯は1842万世帯から1994万世帯に増加。この間、ひとり暮らし世帯の増加率は埼玉や千葉、神奈川の都市部を抱えた県で12~20%と大きい。
 
ひとり暮らしのうち65歳以上の高齢者の世帯は15年の625万世帯(11.7%)から40年には896万世帯(17.7%)に増加。全体に占める割合を都道府県別にみると、40年は北海道、大阪、愛媛、高知など8道府県で20%を超える。75歳以上のひとり暮らし世帯は40年に512万世帯(10.1%)に。都道府県別では、29道府県で10%を超える。鹿児島(14.8%)や高知(13.9%)、秋田(13.3%)、宮崎(13.2%)の各県などが特に高い。(毎日新聞)

“人間は社会動物”とか“人はパンのみにて生くるものに非ず”をもじって“人は一人にて生きるものに非ず”という言葉もある。お互いに助け合って生きる人類必須の集団生活が既に崩壊し始めている。特に日本にその兆候が著しいと言われ、他人は勿論のこと親兄弟で信頼感が失われている。核家族が進んだその先に一人暮らしが待っている。サザエさん一家のような明るい家庭生活は望めない暗い社会になっている。

個人の家庭生活がこんな状況である。同じ町内に住みながら自治会にも入らず、自分の子供が集団登校の列に加われずに一人離れて登校する姿を無感動に見ている親の姿は現代日本社会の象徴でもある。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック