園児の列に車、大津事故雑感



琵琶湖畔の湖岸道路のT字交差点で、いずれも女性が運転する車同士が衝突。信号待ちをしていた散歩中の保育園児の列に跳び込んで、死者2名と多数の重軽傷者を出す痛ましい事故があった。この地点は私が京都から守山の自宅に帰る時に、渋滞する国道1号を避けるため迂回する時に良く通ったので土地勘がある。

報道によると湖岸道路を南下して来た軽自動車(運転女性62才)と、北上して来て交差点を右折する普通乗用車(同52才)が衝突し、跳ね飛ばされた軽自動車が信号待ちをしていた園児の列に突っ込んだのが事故の状況である。県警はその場で双方の運転手を現行犯として逮捕したが、その後軽自動車の方を罪が軽いとして釈放した。

園児の列に跳び込み死傷者を出したのは軽自動車である。もう一方の乗用車は衝突後、園児の列とは反対側の歩道に乗り上げて止まっており、園児には害を与えていない。にも拘わらず、釈放されたのは現実に危害を与えた軽自動車の方である。テレビのビデオで見る限り、右折する乗用車が直進して来た軽自動車の前右側面にぶつかって園児の列の方向へ跳ね飛ばしているので、これは誰が見ても乗用車に非があるので当然の措置だろう。どんな場合でも、右折車は直進車を先に通すのがルールである。

この事件で、被害者側の保育園が記者会見を行いライブで全国放送された。普通、かかる記者会見は事故を起こした加害者の方が説明責任を果たすため行うべきものである。交通ルールを守ってキッチリ信号待ちをしていた保育園側にどんな責任があるのか。風薫る快晴の五月に、園児を散歩させる保育園が悪いというのか。自由勝手に歩かせているのではない。保育士を3人も付けている。マスコミが保育園を悪者にしようとしているのでない限り。かかる記者会見は全く不要である。

今回の自動車事故の運転手は62才と52才の女性だった。この内のどちらかが75才を越えた高齢者なら、非がなくても有無を言わさず一方的に高齢者の方を悪者にして、もっと大々的に取り上げられたに違いない。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック