Windows10画面の文字が薄い



電子機器の技術向上と発展で、新製品が出るにつれて使いやすく便利で安価になるのが通例であるが、その先頭を走る筈のパソコンがOSのバージョン更新の度に使い勝手が悪くなる。特に最新のWindows10の評判は悪いが、他に選択の余地が少ないので困ったものである。


Windows10ユーザに共通している苦情は、モニター画面に表示される文字や記号が一般に薄くて暗い、滲むとかぼやける印象が強い。理由は、解像度が高くなったもののフォントが従来のWindows7までの《メイリオ》に代わって、《游明朝体》や《游ゴシック体》という新しい書体が付属された結果とされている。この書体は書籍の多くに使われている高度なものらしいが、薄く表示される欠点がある。


そのためWindows10には好みの濃淡を選べる「ディスプレイの詳細設定」というご丁寧な機能がついている。フォントを変えなければ、こんな余計な機能を付加する必要がなかったがフォントを変更するのも技術向上の一環だったらしい。


いろんな濃淡のサンプルから好みのものを選んでみたが、フォントが変わらない限り大勢に影響はない。市場には従来の《メイリオ》を取り入れて改善するフリーソフトも出て好評を得ているというが、フリーソフトは自己責任の要素が強く余り使いたくない。


ワードやエクセルで作業する場合は、従来から使っていたMS明朝とかMSPゴシックなどに切り替えているが、メールやネット画面を見る時は《游明朝体》や《游ゴシック体》に自動的になるので、勢い不自由をかこつことになる。


ところが、ネットの色んな対策法(どれも同じ手法であるが)には出ていない自分流の解決法を発見した。それはノートパソコンに限定されデスクトップには適用出来ないが、モニターを普段より後ろに倒すだけである。これで白黒のコントラストがより鮮明になる。


今まで慣れていた画面の角度が変わるので当初は違和感があるが、後は「慣れ」の問題である。これで目にも良いしフラストレーションも解消されれば最良の解決法である。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント