河合案里議員秘書逮捕報道



今朝の毎日新聞第1面トップには『河合夫妻秘書ら逮捕』と黒地白抜きの大きな文字の見出しが躍り、『案里氏「連座制」焦点』、『運動員買収容疑』、『広島地検』と副タイトルを大きく配している。中を読まなくても、一目で記事の内容が伝わって来る。


第2面に<焦点>として特集を組み、『「河合ルール」常態化』の大見出しと『政権にさらなる打撃』ともあり、第1面の「連座制焦点」の記述と追い打ちをかけるように社説で「議員本人の責任は免れぬ」と取り上げているので、報道姿勢・報道意図が良く分かる。勿論、社会面のトップに『「秘書に押し付けるな」、河合夫妻に地元で批判』と紙面の約半分のスペースを割いている。


朝日新聞デジタルも「金にもの言わせた案里氏の戦い、支えた党本部の謎」と題した報道を出した。


いずれも河合夫妻、とりわけ案里氏の議員辞職或いは連座制による失職に追い込みたい姿勢が伺える。自民党本部より異例の1億5千万円もの選挙資金が振り込まれ、野党だけでなく自民党内部の疑問と批判を浴びた後遺症があるだけに、国民の関心も強いと見ての材料だけに取材や報道に力が入る。


元々自民党の党内確執の中で案里議員を当選に導いたのは、党幹部及び官邸の関与があったのは良く知られているところである。それが直接・間接的に法に抵触する選挙活動に及び今回刑事事件にまで発展したところに世論の関心を集めた背景がある。河合議員夫妻が、公の前から姿を消して自己弁明の説明から逃げ回っているのも、罪を認めた行為として世間から見られても仕方がない。


官邸が関与した問題が刑事事件に発展したとなるとことは穏やかでない。今後我々の関心は、大きな力が検察にどのように働くか、検察がどのようにして司法の中立を守り、河合夫妻に連座制を適用するかにある。


外野席からの観測からすれば、法治国家の崩壊という恥辱を受けながらも、強弁と破廉恥で強引な政局運営でモリカケ以降積み重ねて来た隠蔽・曲解・棚上げなど多くの疑惑問題の一つの中に本件も加えられ葬り去られるに違いない。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント