北朝鮮から何も聞こえて来ないコロナ情報の謎



世界中で蔓延している新型コロナウィルスの各国の感染者数や死者が日々報じられているが、北朝鮮からは一片の情報も出て来ない。僅かに、1月第3週に世界に先駆けて旅行者の出入りを禁止し、国境を一早く閉鎖したとの報道だけである。


その北朝鮮の金正恩委員長から最近中国習近平国家主席に、中国がCovid-19との闘いに成功していることへ祝意が口頭で寄せられ、その返信として習主席からは、防疫協力を強化し要請あれば出来る限り支援する用意があると述べた。


北朝鮮当局はCovidi-19について何らの確認情報がなく、全く影響を受けていないということがあり得るのか疑問であると国際間の専門家で分析されている。医療事情が脆弱な同国では、一寸した感染が発生すると一挙に広がるとも予想されている。


出典:BBCニュース(こちら英文)


この記事には、「Analysis(解説)」が付いている。その中で中国が北朝鮮に援助を申し出た背景には、Covid-19の現地での状況を少しでも引き出そうという意図と同時に、医療システム基盤の弱い北朝鮮では感染者や死亡者が一挙に増え、金政権を脅かす事態に発展する可能性がある。北朝鮮は最近、米国との平和交渉が行き詰まっており、ここで中国の存在感を発揮すれば一挙に優位に立てるとの思惑があるに違いないと見ている。


習近平の誘い水に対し、今後北朝鮮がどう対応するかが焦点になる。金正恩委員長が、金日成生誕記念という国家的行事を欠席してまで3週間も雲隠れしていたウラにはコロナウィルスに感染していたのではないかとの憶測もある。例の肥料工場開所式出席も日付が操作されている疑いすらある。


北朝鮮はご自慢のマスゲームとか婦人兵士が一斉に脚を高く上げて行進する光景がご自慢である。ここには三密とまでは行かなくとも、二密の団体行動が売り物である。健康管理システムが未整備の社会に新型コロナウィルスが入り込めば一たまりもない条件が揃い過ぎている。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント