印鑑廃止運動の急な盛り上がり



中学の卒業記念として認印と文字が読めない程細かく彫り込んだ訂正印のセットを配られた。ハンコを持つ身の社会人になることを自覚させられたものである。以降、長い人生に亘って欠くことの出来ない必需品となっている。


特に会社員となってからは、社内で印鑑を押さない日はない程毎日利用し、役職が上がる程その頻度は高くなった。会社の中だけではない。役所への提出書類、売買契約書や請求書・領収書など機械的に使用している過程で印鑑の効用、必要性について疑問を抱き、バカらしくすら感じることが何度となくあった。


印鑑とは本人を特定する証明道具とされているが、必ずしもそうではないらしい。例えば他人名義で記名して、百均で購入したその名の印鑑を押印すれば用が足りることもある。本人証明というより、あるべき所に押されていれば良いのである。


会社時代、私が起案した稟議書が長い時間かかって最終的に「可決」の大きなゴム印のある書類を見たら、ナント各部署の関係者のハンが17個あったのを見て驚いたことがある。「常務会決裁」とあり誰が最終決裁したのか判らない。


社長印の必要な書類は秘書課で押印しない。総務課扱いで、その書類には「社印・社長印捺印申請書」という所定の様式を添付する必要がある。その様式には社長印申請部署の所属長など関係者8ヶ所の押印欄があり、全てが捺印で埋められないと総務課長は社長印を押さない。当時の総務課長は私の親しい友人で聞くと、チェックするのは申請書のハンコの数の完備具合で、肝心の押印をする書類の内容は読まないという。押印する総務課長がこんな具合なので、社長自身はどんな書類に押印されたか知る由はない。


こんな訳で、押印というのは単なる儀式でハンコの意味合いは何もない。私がリマ駐在時、東京銀行でドルの引出し、日本大使館での駐在証明、コロンビア・ボゴタの日本総領事館での旅券の期限延長など、日本では数多いハンコが必要な筈の手続きが、肉筆サイン一つで全てが完了した。社会全体の合意があれば、ハンコはいつでも廃止可能なのである。


全日本印章業協会の献金で動くハンコ議連の主張は、日本経済の効率化を考えない自己本位の動きである。



最近の医者は病気を治してくれない



死者の検死などを専門とする法医学関係を除いて、医者は一般に『修理屋』と言われている。病気の原因を究明し、病巣・患部を除去して治してくれる、つまり身体を正常な状態に戻してくれるところから来ている。ところが、最近の医師の多くは患者の診断・治療はしてくれず、単なる薬の処方箋発行が主体となっている。


私も毎月一回、コロナ騒ぎが始まってからは二ヶ月に一回、町の診療所に出かける。風邪をひいたとか特段の病気で診て貰うためでなく、降圧剤が切れたので新たに貰いに行くためである。医師も血圧手帳をパラパラめくって動向を見たり、体重や体温の変化をチェックするだけで、病気ではないため診療のしようがない。いつも、ゴムボールのついた血圧計で測って終わりである。医師はこんな患者だと予め知っているのである。


ところが今日は違った。いつもの薬を貰うだけの定期検診の日だったが、実はこの一ヶ月に直ぐに満腹になって食事が出来ない、従って四六時中ハラが張っている日が続いた。加えて、呼吸障害を感じる程の息苦しさと息切れ感がある。今日のこの日を待たず余程緊急に診て貰おうと思っていたが引き延ばしにしていたと冒頭に申告した。


医師は「そりゃいけませんね」と言いながら、私の報告をパソコンに投入していたが、提出した血圧手帳を見て「血圧・体温・体重とも変化なく正常ですね」と言ったまま、聴診器を胸や腹、背中を当てることなく、金属のアイスキャンデイの棒のようなもので私の喉奥を診ることもせず、「では今日は血液検査をしましょう」と言って採血し、いつものように血圧を測って終わってしまった。


いつもと異なる何か新しい薬を処方してくれるのかと思ったが、普段の降圧剤だけだった。注射もせず結局、腹の膨り、早期満腹感、呼吸障害感という不具合は治らないままで、治療の手段は何もなく、血液検査の結果待ちのようである。


子供の頃、寝込んでいる時に往診に訪れた医師と看護婦が、額に氷嚢を載せ、聴診器を当て、胸に手を置いてトントンと軽く叩き、注射をして直ぐに治してくれた時代が懐かしい。




だましだまし使うパソコン



最近我がパソコンが使い難くなった。昨年秋に買い替えたばかりで丁度一年なので古くなったためではない。Windows10になりExplorer がMicrosoft Edge というユーザーフレンドリーに逆らう機能が増えた結果、年来のパソコン愛好者を悩ましている。元に戻したくても方法がなく、他に選択肢のない世界なのである。


結論から言えば、パソコン本来の電子計算機能から画像・動画・ゲーム主体に移行している結果かも知れなおい。お節介機能が増えているのである。まず、従来のMS とかMSPというフォントが「游明朝」とかいう聞きなれない字体に変わった。見やすく読みやすく柔らかい感じを与えるということで歓迎する向きもあるが、この結果画面全体が薄くなり文字が読みにくくなった。特にフォントサイズ10.0以下に設定すると画面の奥に消えて行きそうで読みにくいことこの上ない。


次に、WORDやExcelで作業をしていると入力場所が勝手な方向に飛んでしまう。そのまま入力を続けていると飛んでもない場所、既に入力して完了している文章の中に割り込んで入力を続けている。マウスの反応が速くなったためと思われる。


またヘンな機能が追加されている。画面を読んでいる内に勝手に画面全体が不必要に拡大されることがある。不用意に左手をキーボードに置いて画面を眺めている間に、「Ctrl」キーに触れたままマウスの中央ボタン(スクロールボタン)を回すと起こる現象である。今までのパソコンにこんなお節介な機能はなかった。


まだある。WORDやExcelで「あ」と表示されているローマ字入力で作業を続けていると、勝手に画面がチラット光ったかと思うと、勝手に「A」の英文字入力に替えられることがある。都度入力方式を戻さねばならない。


他にもまだあるが、作業能率を阻害することが多い。家で私用で作業する場合は致し方ないとしても、企業内で仕事をする人達にとっては営業妨害も良いところである。システム部担当者の業務も増えているに違いない。




目立ちがり屋の逼塞



私の朝のウォーキング・ルート途上に日本コカコーラの守山工場がある。隣にダイハツ・ディーゼル工業があり、双方共広大な敷地を持っているが、両社を挟む道幅は約3m、中型乗用車がやっと通れる程度で殆ど寄り添っている。


コカコーラと言えば、列車の車窓や街中の自動販売機などどこからでも目に付く赤い商標がこれでもかと言う程派手に表示されている。要するに、ブランドを売り込むための派手な宣伝で目立つことに力を入れている。その目立ちがり屋が、この守山工場に限っては社名表示がどこにもない。唯一の表示は正面玄関の門柱に嵌め込まれた幅50cm、縦30cm足らずの申し訳程度の小さな表札で、それも白地のプレートに銀メッキされた社名表示なので遠目には見えない。

IMG_0890.JPG


隣の敷地内の芝生には「立入禁止、ダイハツ・ディーゼル総務課長」と小さな立札が立っているが、コーラの敷地には「立入禁止、総務課長」と社名を表示しない程の徹底ぶりである。ダイハツ・ディーゼルの大きなネオンは新幹線上り方面の車窓左側から直ぐ見られる。コーラの建物はその後ろ側にあるが、屋上に看板を取り付ければ簡単に見られる筈で、目立ちがり屋なら当然表示するところだか何もない。


コーラ工場裏の道を歩いていた時、地方ナンバーの大型トラックから「日本コカコーラの工場はどこか」と尋ねられたことがある。目の前の建物を指さして「これだ」と言ったが、運転手とすれば当然有名なコーラの赤い表示がどこかにあるものと思っていたに違いない。


では、何故目立ちがり屋のコーラがこの工場に限って表示しないか。実はこの工場は日本コカコーラの数ある飲料水の原液を製造する日本で唯一つの工場なのである。つまりコーラの秘密基地で、この工場にテロや火災が発生すると全日本に散らばるコカコーラ・ボトラーズが干上がってしまい、日本からコーラの飲料水が消滅してしまう重要な役目を負っている。


従ってここにコカコーラの秘密工場があることは知られてはマズイのである。ホーム・ページを見ても会社の沿革や組織など全て「会員限定」とあり、誰もが見ることは出来ない。


その癖、申請すれば工場見学も受け付ける顧客志向も持っている。





ハエと人間社会



社会の環境衛生が良くなったためか、最近は我々の周囲にハエを殆ど見なくなった。私の子供の頃は冬季以外、周りにはハエが飛び交っていた。町の鮮魚店の店先には「ハエ捕りリボン」が何本もブラ下げられており、我が家の食卓の場でも使われていた。食卓では良くハエが飛んで来たためだが、食べ物に留らない限りは飛ぶに任せていた。


宮本武蔵が食事中にハエが飛んで来たので、箸を使って空中で捕らまえたという逸話がある。ハエは遠い昔から人間と共存していたのである。そのハエが我々の前からすっかり姿を消した。環境衛生の改善とも言われるが、農薬を使い出したからとの説もある。事実、ウォーキングで農道を歩いていても、以前は小動物の死骸にハエが群がっている光景に良く出喰わしたが今は見ない。犬の散歩でフンを処理する社会道徳の向上も貢献している。


そのハエだが、世界の高度社会の先を行く米国で、こともあろうに大統領選の副大統領候補同士の討論会会場に現れて、討論中のペンス副大統領の頭に2分間程留っていたと聞いて驚いた。場所もソールトレイクのユタ大学講堂である。ハエが飛んで来る場所とは思えない。


BBCニュース(こちら)によると、討論会でハリス候補とペンス候補のどちらが勝ったのか『SNSでの人気では圧勝したのは両候補ではなく、1匹のハエだった』と報じている。『先週の史上最悪と言われた大統領候補同士の荒れた討論会に比べ、穏やかな口調の両候補の話だったが、一匹のハエが大勢を釘付けにした』ともある。


こんなハプニングが起こるとすかさず反応するのがユーモア精神豊かな米国社会である。早速ハリス候補と同じ陣営のバイデン候補が「蠅叩き」を手に持った写真をSNSに投稿して寄付を募り、「ハエに郵便投票を認めてはどうか」とツイート。トランプ陣営からは「ハエに似た盗聴器を仕掛けられた」とからかった。


実は4年前の大統領選の時、クリントン候補の頭にもハエが留ったことがあり、その時はクリントン候補が負けたので、今回はトランプ陣営の負けとの投稿もある。


いずれにせよ、世界中が注目する大統領選の討論会場にハエが飛んでくるとは、米国の環境衛生も良い加減なものである。





記録破りの大森林火災


加州火災.jpg

文字通り「対岸の火事」である。しかし、新聞報道から窺える範囲でもその規模に驚愕する。場所は米国カリフォルニア州で、熱波で乾燥しきった森林に落雷で端を発した火災は手に負えない規模に発展した。9月末までに消失した面積は4百万エーカーとある。


4百万エーカーと聞いてもピンと来ない。メートル法表示で16,200平方キロメートル、日本の都道府県別面積で北海道に次いで第2位の岩手県が15,200平方キロだからこれを遥かに超え、丁度広島県と兵庫県を合わせた面積が焼失したことになる。


引き続き延焼中で鎮火の兆しはないという。カリフォルニア州でも前代未聞の数字で、この一ヵ月半に森林火災で焼失した面積は昨年一年間の2倍を超えた。州知事は、「1932年から1999年の67年の間に焼失した面積をも超えたが、これが気候変動によるものとの証拠はなく、原因は全く判らない」と言う。


8月の米国西海岸は「ファイア・シーズン」とも呼ばれ森林火災が多発する。数限りない落雷は乾燥した森林を焦がし、煙のため空は不気味なオレンジ色を呈する。煙の臭いで息苦しさすら感じさせる。今年の8月には8,200回の火災が続発し、死者31名、焼失家屋8,400棟に達した。


今年の火災規模は人々を悲惨な生活を強い、健康を害する濃い煙による大気汚染で息苦しく、時には太陽が煙で遮られ全カリフォルニア州を数日間、薄暗くした日もあった。


カナダ大学の教授は、前述の州知事の見解と異なり、「火災原因の大部分は、それだけが全てではないが、人類が起こした温暖化から来ている。高温が大きな要素を占めており、気温の高い日が続く程、ファイア・シーズンは長くなる。今年は今までにない異例な年だった。森林火災を防ぐワクチンはない」と警告している。


出典・ガーディアン紙電子版(こちら英文)


カリフォルニアと言えば常夏の地で観光地、避暑地が多く点在している。殆ど雨が降らないことで有名である。オーストラリアの手がつけられなかった長期の森林火災は、突然の集中豪雨で鎮火したが、雨が期待出来ないカリフォルニアでは無理な話である。東海岸で多発するハリケーンの襲来もない。






自民党は杉田水脈議員を処罰出来ない



しんぶん「赤旗」電子版10月4日付けでこんな記事がある。「杉田議員辞職求め署名13万、フラワーデモ 自民に受取り求める」と題して、「性暴力根絶を訴える「フラワーデモ」は東京駅前で3日、女性や性暴力被害者を侮辱する発言をした杉田水脈衆院議員の辞職を求める署名の受け取りを自民党に求める緊急デモを開催しました」。


この要請を受けて、自民党は杉田議員に事情を聴取して適正に判断し、党からの除名或いは議員辞職勧告が出来るかというと、答えはNOである。自党の一部からも批判が出ている一方、逆に彼女を暗に応援するだけでなく、彼女と同じ考えの議員・党員を抱えているからで、これが自民党の体質である。ただ自分も「嘘つき」と認めているので、他の全ての女性も「嘘をつける」と単純に発言する程、脳が単細胞な杉田議員でなく、ある程度の常識と自制が働くので表面に出ていない。それでも、同じ言動が党内から漏れていることでも明らかである。


今回、復興大臣になった平沢勝栄氏が昨年1月、「LGBTばかりになると国が潰れる」と発言して問題になった一方、同年9月の鹿児島市議会で上田勇作自民党議員が「自然の摂理に合った男女の性の考えを強調すべき」と述べて批判を集めた。最近では10月3日の東京足立区議会で自民党の白石正輝議員が、「日本中がLGBTになってしまうと足立区や日本が滅んでしまう」と発言し問題になっている。杉田議員の言う「LGBTは生産性がない」という言説と軌を一にしており、自民党の一つの共通した意見だろう。従って、自民党としては杉田議員を処分することは自分達の主張を否定することになるので出来ない話なのである。


しかし、自民党は何故このような破天荒な発言を恥かしげもなく発言する議員を擁立したのか、杉田議員とは一体何者かを分析する動きが出ている。その一つが(こちら)にある。結論から言えば、右翼思想の推進的アイコンとして安倍首相が破格の比例区第一位として当選しやすいように画策したもので、議員としての資質を考慮したものではない。この意味からも、自民党は潜在右翼の顔を処分することは到底出来ないのである。





史上最低の米国大統領



「貴方は史上最低の大統領だ」と面と向かって叫んだのは民主党バイデン候補である。米大統領選の候補者テレビ討論会で、バイデン候補が発言すると大声で遮り話をさせないのに業を煮やして思わず口走った買い言葉だったが、これがトランプ大統領の性格・言動を世界の人々が感じている共通の思いに違いない。一言で言って、礼儀知らずのヤンキーそのものである。


海外メディアは一斉に、「史上最悪の討論会」と評し、今回の討論会の司会者が米国で唯一のトランプ・ベッタリのFOX社のニュースキャスターだったにも関わらず、その彼をして「討論会を混乱させた責任は大統領にある」と討論会の追加ルールの導入を提唱させた。大統領は反発している。ここにもルール無視の自己本位の姿勢が伺える。


コロナ感染拡大を防ぐため、外出時や人前ではマスクをかけるのが世界の常識となっているが、トランプ大統領は「科学的根拠がない」とルールを無視してマスクを軽視した。その結果かどうかは別として、大統領はコロナに感染してしまった。実際には10月1日に陽性反応を伝えられていたが、側近には「誰にも言うな」と指示して公表せず平常通り執務していたと言う。発熱や咳などの症状が現れて2日後に軍病院に入院した。その翌日、入院中にも関わらず防弾使用の車に乗って外出し、病院の外に集まっていた支持者達を驚かせた。


この行為に医療関係者は激怒している。自身が定めた対コロナの公衆衛生ガイドラインでは、治療中の感染患者はウィルスを放出しており隔離しなければならないとしている。大統領のこの行為はボディガードや車の運転手、同乗した全員が全て14日間の隔離が必要となった。「彼らは病気になるかも知れない。死ぬかも知れない。大統領は狂気の沙汰だ」と医療関係者は批判した。


要するに全て自分中心の行動で、そこには国民のためを考える指導者ではないことを自ら証明している。今回の大統領選挙では既に敗北の可能性を自認して、今から投開票の結果についての反論、それを裁定する最高裁判事を自党の息のかかった後任者を既に指名している。


「史上最悪の討論会」を生んだ選挙戦は、「史上最悪の泥試合の選挙戦」となることが予想される。






ノーベル賞選考にも影?



官房長官時代、この人が首相になったらファシズム社会になるだろうなと直感的に思ったことがある。笑顔のない無表情で、「そのご指摘は当たらない」、「適正に処理している」、「コメントは差し控える」と木で鼻を括った紋切り型で明快な理由を述べたことはない。容貌も何となくナチス高官にピッタリである。言わずもがな菅現総理のことである。


その直感が邪推でもないと判り始めたのは、総理就任早々政府の意向に反したり、諫言・直言する官僚が出た場合はズバリと「異動して貰う」と言い放った時である。この時ばかりは持って回った表現でなく、結論のみ明確に述べたのには吃驚した。


今世間を驚嘆させているのは、政治とは完全に独立している日本学術会議が新会員として推薦した候補105人の内6人の任命を拒否したことである。日本学術会議とは、「学者の国会」とも言われ、人文・社会科学や生命科学、理工などの分野で国内の約90万人の学者を代表し、科学政策について政府に提言したり、科学の啓発活動をするなど高い独立性が保たれる組織で、世界各国にも「The Academy of Sciences(科学アカデミー)」として存在している。


その純学術組織である日本学術会議の推薦者の内、一部の学者の任命を今回史上初めて菅首相が拒否したことは、あからさまな学問の世界への政治介入との見方が広まっている。何故任命を拒否したかの理由は政府は明らかにしていない。ここにも「知らしむべからず」の姿勢が見える。加藤官房長官は、「個々の選考理由は人事に関することでコメントを差し控える」と言うが、政府には“選考人事”の権限はない筈でオカシナ説明である。「人事問題」と言えば何でも説明を逃げられた常套句を安易に利用したに過ぎない。


日本の科学者達を代表する日本学術会議にファッショ化した政府の関与が強まれば、世界は日本の科学界を色眼鏡で眺め、穿った見方をすればノーベル賞の選考にも影響し、今後日本から受章者が出なくなる可能性もある。飛躍した観方ではない。非民主国家で科学アカデミーに政府の息がかかった国々からはノーベル賞受賞者が出ていないことに注目すべきである。




怪電話コール受信



今日の午後3時23分、手許の携帯電話に着メロが鳴った。待ち受け画面には相手の電話番号“+1866731xxxx”と表示されている(下4桁は敢て非表示とした)。携帯の電話帳に登録されていないため実数が出たので元より心当たりはない。不審に思って応答しないで放置すると21秒で切れた。さぁ~誰からの電話か。


冒頭に「+」とあるので国際電話であることは明らかである。続く10桁の数字にハイフンやスペースが入っていないので、どこが区切りか推理する必要がある。「1-866-731-xxxx」であれば、最初の「1」は米国の国番号である。現役時代に頻繁に使用したので頭に入っている。とすれば、次の「866」はエリアコード、即ち地域番号である。どの州の番号かネットで調べて見た。北米本土だけでなく、「アメリカ以外の北米の地域番号」(カナダやカリブ諸島の米国の電話網)も含めたリストにはどこにも記載がない。ということは米国からではない。


では着信記録の番号を「+186-6731-xxxx」と仮定すれば冒頭の「186」はどこの国番号かネットで調べたが該当はない。しかしネット記事中、「186から始まる中国携帯へのかけ方」というタイトルが目に付いた。中国の携帯にかける時の番号らしい。しかし、次に並んでいるタイトルの中に、「+で始まる着信に注意!国際電話詐欺が急増中!」というのがあり覗いて見ると次の記事が出て来た。


着信が来てからワンコールで切れてしまうため通話詐欺やワンギリ詐欺と呼ばれています。もし折り返し電話をかけてしまった場合、犯人は30秒で約250円という高額な通話料金を負担させようと仕向けて来ます』とある。


案の定、詐欺電話だったらしい。現役時代のように日常的に国際電話をかけまくっていた時なら、思わず「誰かな?」と応答ボタンを押していたに違いない。危ない!危ない!国際電話と無縁になった今、「+」で始まる着信には応答しないことである。ただ国内の場合は、一昨日の済生会病院の診療科の看護師からの重要注意事項のように電話帳に登録されていない相手からの連絡もある。そんな時は、恐る恐る通話ボタンを押して、こちらの名前を言わず相手が何を言い出すかを待つのが先決だろう。




行き過ぎの気がする性差別表現の制限



日本航空の客室乗務員が機内で英語アナウンスする場合の冒頭の常套句、「レディース&ジェントルメン」を廃止すると発表し、海外メディアでも反響を呼んでいる。LGBTなど性的少数者への国際的な支援の拡がりに配慮したものらしい。英国BBCニュース記事の一部は次の通り。


JALはこのほど、機内や空港での英語アナウンスで使用していた「レディース&ジェントルメン」という呼びかけを、10月1日から廃止すると発表した。


ジェンダーニュートラル(従来の性差にとらわれないあり方)に配慮し、「アテンション・オール・パッセンジャーズ」(乗客のみなさんにお知らせいたします)あるいは乗客を性別で区別せずに「皆様」とする表現に変更する。


日本語の場合、一般的にこうしたアナウンスに使用される表現はもともとジェンダーニュートラルのため、今回のJALの変更は英語アナウンスにのみ適用されると、AFP通信は伝えた。JALの英語アナウンスの変更について、日本では大きな話題にはなっていない。(以下略こちら)』


記事の最後には、『日本では同性婚は法的に認められていないが、複数の調査から強い支持があるのがうかがえる』との付言もある。


記事のもある通り、元々日本語には「レディース&ジェントルメン」に相当する日常表現はない。両性を対象として差別する表現もない。ところが外国語ではそれが性差別と類推させる言葉が豊富である。数年前、フランス語で「お嬢さん」を意味する半ば国際語となっている『マドモワゼル』が差別表現とされ使用が禁止されたと聞いた時はショックだった。ドイツ語のフロイラインやスペイン語のセニョリータと並んで、聞くだけで如何にも清純で清々しい印象を与えるのに、齢を喰った女性には「未婚の年増」を意味する女性差別表現とされたものである。独語や西語は自由に使われている。


今回JALが廃止した英語の挨拶も単なる常套句で、日本語の商業文「貴社益々ご清栄の段、大慶に存じます」と同様、全く深い意味はない。長年、人の生活に溶け込んで使われて来た潤いのある言葉を、社会的風潮でヘンなこじつけで廃止するとは殺伐たる世の中になったものである。