驚くべきカラスの賢さ


カラスの頭の良さは誰もが知っている。カラスは人間の住む環境にも入り込んでいるので、その生態を直接見聞きした人も多いに違いない。


私もかって馴染みの河川敷のグラウンドゴルフ場で、ある仕草を見て驚嘆したことがある。市協会主催の月例大会のゲームが終わり、参加者の成績集計をされている待ち時間に目撃したもので、同じ光景を見た仲間も多かった。大会の参加者は大抵着替えや弁当、オヤツなどを入れた布袋かカバンを持参し、空き地に並べたり掲示板の下にぶら下げて置いている。


たまたま人の群れから離れていたのでそこに一羽のカラスが飛来し、一つの革製のカバンを引き吊り出したのを我々は遠目から眺めていた。そのカバンはジッパーで閉じられていたが、カラスはそのジッパーを跨いで両足で挟むように乗り、ジッパーの引手金具を長い嘴で咥えて器用にカバンを開いた。カバンの中に首を突っ込んで中に入っていたものを全部引出し、食べ物の入ったビニール袋だけを咥えて飛び去った。散らかされた中味の中には財布もあったが、カラスには興味がなかったらしく置き去ったので、眺めていた我々は「賢いようでアホだ」と大笑いをした。


主催者の協会では、このグラウンドゴルフ場はカラスによる被害が多いので、以降は持ち物置き場には青い大きな網で覆うようになっている。


カラスの賢さについては、最近のコロナ禍で生活様式の変わった人間社会の中で、カラスがどのように対応しているかの興味あるレポートが毎日新聞に出ている(こちら)。その中で、私がグラウンドゴルフ場で見聞したのと共通する記述があったので以下に抽出する。


『カラスの頭の良さは、人間が使うものをうまく利用している暮らしぶりにも表れている。例えば、巣にハンガーなどの針金を使う。また、固いクルミの殻を割るため、信号待ちで停止する車のタイヤの前にクルミを置き、発進したらタイヤで殻を割ってもらい、中の実を食べる賢いカラスも目撃されている。


 さらに、電車の切符を買うような動きをしたカラスまでいる。カラスが東京・JR錦糸町駅で人間から奪ったICカードを券売機のカード差し込み口に挿入しようとしている映像がネット上に流れ話題を集めた。カラスは警戒心が強い一方で、好奇心も旺盛で、人間のしていることに興味を持つ。人間がカードを機械に入れているのを見て、自分もやってみたくなったようだ。カラスの動きは驚くべき内容ばかりだ』。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント