夕刊が廃止になる



今日の夕刊の配達員から夕刊と共に下記のチラシを受取った。

夕刊発行休止のお知らせ

 秋冷の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は毎日新聞に格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、毎日新聞は9月末日をもちまして当地区での夕刊発行を休止させていただき、10月からは月ぎめ購読料を朝刊のみで3,400円(消費税込み)に改定させていただくことになりました。

 インターネットの普及に伴い、パソコンやスマートフォンなどの端末から情報に接するようになったことに加え、共稼ぎの家庭や単身生活が増えたことにより人々のライフスタイルが多様化する中で、朝刊とは異なる角度から社会の出来事や文化、娯楽をお伝えしてきた夕刊としての役目に一区切りつけるという判断をいたしました。

 新たにお届けする朝刊は、前日の夕刊記事の一部も掲載された統合版となります。
また、ご愛読者の皆様には追加料金不要で全国の紙面をパソコンやスマートフォン、タブレット端末でご覧いただける「宅配購読者無料プラン」に追加料金不要で登録いただけます。このプランで沖縄県を除く全国46都道府県の地域版をはじめ、従来の夕刊についてもご覧いただくことができます。
(ご登録は「毎日新聞デジタル」【https://mainichi.jp】からとなります。ぜひこの機会にご利用下さい。

 今後も身近なニュースをより多く、世間のニュースをよりわかりやすくお届けする紙面作りに努力してまいります。読者の皆様には引き続きご愛読賜りますようお願い申し上げます。

令和3年9月吉日 毎日新聞社 毎日新聞販売所


かねがね、夕刊にはニュース性が乏しく新聞の機能である報道・論評のスペースが少ないので読むところがないと不満だったが、新聞社の方でも敢えて力が入っていなかったようである。毎日新聞の場合はネット配信で夕刊版もあったので(紙と同様読む部分が少ない)廃刊になっても特に不便はない。

敢えて言えば、カミサンは毎日楽しみにしている「数独」がなくなると不服顔だが、朝刊にもあるので特に問題はしていない。今迄夕刊が来るのは当たり前と思っていたが、滋賀県では2017年12月1日に野洲市・湖南市以東・以北の地域で廃止されている。今回の通知には「当地区での廃止」とあるだけでどの地域が該当するのか不明だが、文面から推察して「全国」で廃止と読める。

歴史の流れの転換点だろう。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント