待ち時間1時間10分、診察時間1分



昨日は3ヶ月に一度の済生会病院での消化器内科の定期検診日。昨年10月に胃の切除手術の後、潰瘍に癌細胞があったか、他の器官に転移していないかの確認である。施術をした外科の委託で詳しい検査のため消化器内科に回されたものである。


当初はMRIやCT、一般撮影や血液検査、胃カメラや大腸検査など精密検査が続いたが、幸いにして癌細胞は発見されず、当初の2週間に一度の検診から月1回に緩和され、前々回からは3ヶ月毎に変更されている。今回は予約診察時刻の1時間前に採血センターで採血され、血液検査の結果を診る診察日だった。


当日は月曜日とあって、採血センターは長蛇の列。20人待ちだったがそれでも消化器内科の予約受付の30分前には終わっているので、通常は10~15分で結果が出る血液検査のデータは十分診察予約時間前に消化器内科に電送されている。早過ぎると思ったが受付デスクに登録して診察室前の待合場所に行った。しかし「密」を通り越した混雑で座る場所がない。隣の診療科の空きスペースに潜り込む。ここでは自分の名前を呼ばれても聞こえない。


スマホをいじくりながら待つこと1時間、ソロソロ声がかかっても良い頃と自分の診療科に戻ると、流石に2~3の空き席が出来ている。10分してやっと声がかかった。診察室に入ると医師への挨拶もソコソコに「血液検査の結果、異常はありませんでした。ヨカッタですね。次の予約は3ヶ月先に久し振りにCT検査をします。当日朝食は絶食でお越し下さい」とだけで終わった。この間1分足らず。


1時間10分待って3ヶ月に一回の診察が1分では費用対効果の悪い事この上もない。色々聞きたいことがあったが、次に待っている人のために「一寸早いですが、良いお年をお迎えください」とイヤミを言って引き下がった。


これ位の診察なら看護師に伝言を頼んでケイタイに連絡するなど、患者の待ち時間を解消する方式は取れないのかと思う。これで本日の診察料は血液検査料を含み10%負担で1,180円。